朝陽を浴びて

1番町の朝、日差しがまっすぐに通りに向かって眩しいくらいに。